パパの独り言

何でも思ったことを言っちゃうブログ。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の天気は雨。
寒さと言い、冷たい雨の1日でした。
そんな今日は、妻の祖父の3回忌でした。
妻の祖父つまり、俺の義祖父は体にハンディーを抱えていました。
幼き頃に小児麻痺という病に侵され、
やがて寝たきりの生涯を過ごす事になったのでした。
若かりし義祖父は裕福な家庭で育ち自営業を営んでいたそうです。
義祖父は、新し物好きで電化製品には特に充実していました。
レコード、MD、CD等のオーディオは勿論、
アンプまでつけるこだわり。
大画面テレビ、ビデオ、DVD、エアコンそしてパソコン。。。
次から次へと新しくなる電化製品には驚かされたものです。

かれこれ俺も10年くらいパソコンを触っていますが、
たいしたコトしていないんですけれど、
義祖父は不自由な体を上手く動かし、
時には便利な道具を使いこなし、器用に動かしていました。
そんな義祖父に俺がパソコンの使い方を教わることも。
まさにスーパー爺さんの名が相応しい義祖父でした。
年賀状や子供達の誕生日、結婚記念日等の時には、
必ずパソコンで作ったオリジナルはがきを送ってくれました。

そんな義祖父は生前から自ら献体を強く希望していました。
献体とは、
わかり易く言えば、死後に自分の体を病院等で使ってもらうこと。
これからの医学の発展の為に、研究材料として役立ててもらうこと。
教科書や本だけではわからない領域を実際の体を使って研究するんです。
たいてい葬儀の際に火葬しますが、
そのまま義祖父の遺体は火葬をせず、某大学病院へ預けられたのです。
もちろん遺骨はありませんので墓にはまだ入っていません。
予定では来年に献体の期間が終わり、御骨が戻って埋葬をします。

医療ミス等の多い昨今、
今後の発展の為に献体した義祖父の気持ちをしっかり酌みとってもらい、
献体に同意した俺達遺族の気持ちも無駄にしないで下さい。
しっかり勉強して研究して、役立ててあげて下さい。

義祖父は俺達遺族の心の中では未だ生き続けているのです。


↓ランキングに登録しております。よかったらクリックしてもらえませんか?
FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほんまに
凄いお祖父さんですね

献体ですか
凄いですね

でも遺骨が帰って来るまで
長すぎですね
そう思うのは僕だけかな
2006/02/27(月) 17:28:08 | URL | natu #-[ 編集]
そうか…('A`)
献体とは恐れ入りました…
俺の叔父さんはアイバンクには登録していだが('A`)

俺には死んでもそんな度胸は無さそうだよ!
2006/02/27(月) 18:51:40 | URL | MIZO #6GL2Jzg6[ 編集]
真似できない
>natuさん
あまり献体の例が少ない病院だと、もっと月日を要するそうです。
義祖父の思いが研修医達に伝われば、それも供養なのでしょうか。
ホント、凄い義祖父でした。

>MIZOくん
俺にも出来るか?っていうと、なかなか出来ない事だと思うね。
死んでしまえば、切られても痛くはないんだろうけれど、気が進まないよ。
遺族だって遺体を切り刻まれるのを本当は望んでいないトコあるしね。
2006/02/27(月) 21:06:43 | URL | やっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spatan.blog24.fc2.com/tb.php/114-645c1b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。