パパの独り言

何でも思ったことを言っちゃうブログ。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父親の死後、自分の中で何かが確実に変わっていくのはわかった。

高校へ通いつつもガソリンスタンドのバイトは続けた。
仕事は嫌いじゃなかった。むしろ楽しかったからか好きだった。
学校に行くよりも楽しかった。
学校は休んでもバイトはしていた。単位がヤバい授業も多々あった。
社員に任されて高校生にして店を朝一番で開けていた時期もある。
友達に「学校にこいよ!」って怒られたこともある。

ガソリンスタンドに来る客は皆年上ばかりだ。
良い客悪い客、千差万別、十人十色いろんな客が来た。
今みたいにセルフなんかなかった時代だから人というものを肌で感じた。
走り屋の客は多かった。
俺から見た走り屋の第一印象は「ダサイ。格好悪い。」だった。
ガソリンスタンドの社員の人の友達がよく遊びに来ていた。
いつしか一緒に遊びに連れて行ってもらえるようになった。
峠は勿論、ボーリング、カラオケ、飲み屋まで。(笑)
ガソリンスタンドのバイトが終わってからピザのデリバリーの配達をしていた時期もある。
俺が稼ぎすぎて扶養してくれていた母親に追徴課税が来たこともある。
ここも走り屋が多い職場だった。いつしか走り屋の友達や知り合いが増えた。
だんだん「暴走族」に興味が薄れていった。
次第に仕事に夢中になりすぎて同じ歳の友達と遊ぶ機会も減っていった。
気がついたときには俺の周りには世間で言う「悪い友達」ってヤツは俺から離れていた。
いや俺が離れてしまったのかもしれない。

俺の友達には知る人ぞ知る「北星学園 余市高校」に通っていたヤツもいた。
そうTBS系「ヤンキー母校に帰る」のモデル校だ。
お土産っていって持って帰ってきたのはシンナーだった。(^^ゞ

久々にラリった。幻覚を何度も見た。
幻覚の中で何度も殺されるかと思った。マジで怖かった。
皆はそんな俺を見て笑っていた。

何でも話し合える小学生からの付合いの友達に、
「何やってもいいけれどシンナーはやめろ」って言われた。
スグにはやめられなかったが、シンナーでこの友達を失いたくは無かった。
いつものようにまた母親に「アンタいい加減にしなさいよ!」と怒られた。



「俺は一体、何をしているのだろう...。」


「父親を失い、母は女手1つで俺を育ててくれているのに。
 俺は1人なんかじゃない。母親をこれ以上泣かせても仕方が無い。
 父親に俺は何も親孝行していない。したくても、もう出来ない。
 人間の明日なんてわからない。母親に親孝行しないで逝かれたら俺...
 心配してくれる友達がいる。こんなことしていて何が楽しいんだ?
 もうバカはやめようかな。。。」と思うようになる。

悪い友達からその後も悪い誘いはあった。
「悪りぃ。俺もうやめるわ。」

先輩がマリファナやっていた時も誘われた。
「今もう興味ないんで。」と断った。

俺の世界が新たな一歩へ進み始めていた。

バイトをして金を稼ぐことの大変さがわかった。
自慢じゃないが自給の安いバイトだったから余計に感じた。
職場の仲間に恵まれていたので、高校卒業するまでガソリンスタンドのバイトは遣り遂げた。
俺は本当に友達や仲間に恵まれていた。
結局「暴走族」には入ることは出来なかったが後悔はしていない。
入っていたとしても後悔はしないだろう。

俺は1人じゃないから。。。


皆、更生出来るんだよ!
仲間や友達次第でね。あとは自分の決断が何よりも大切!!
困った時は友達に相談するんだ。

友達のいない人や話すのが苦手な人、
これから更生したいが自分ではどうしたら良いのかわからない人へ!
このブログで俺に気軽に相談してくれても良いよ。
管理者のみに表示という機能を使えば俺以外に見れない機能もあるし。
解決できなくとも人は悩みを人に話すことで悩みを半分に出来るんだ。

あとは元暴走族総長の伊藤幸弘氏やヤンキー先生の義家弘介氏、
夜回り先生の水谷修氏に相談したり公演を聴いたりしても良いだろう。


元暴走族総長 伊藤幸弘氏  HP
ヤンキー先生 義家弘介氏  HP ブログ 有料コンテンツ
夜回り先生 水谷修氏     HP


あまりにも学校よりもガソリンスタンドのバイトが楽しくて、高校の中退を考えた。
何故中退しなかったのか。嫁との出逢いに関係があるのだ。w
また今度!!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
夕さんのところからきました

何回か見に来ては
コメントも残さずに
読み逃げってゆうやつですわ

なんか分からんけど
このブログ好きになりました

これからも
ちょくちょく来ますね
コメントも残すようにしますからね

僕のお気に入りに
入れさせてもらいます
ではでは
2006/01/30(月) 18:02:10 | URL | natu #-[ 編集]
いらっしゃいまし
natuさん、はじめまして。
気に入ってくれて嬉しいです。
読み逃げの謎も解決しました。
アクセス解析していますので。(=^▽^=)
読み逃げ食い逃げは許しませんよ。笑

お気軽にどうぞ!
2006/01/30(月) 18:55:11 | URL | やっち #-[ 編集]
久しぶりに訪れてみたら、大作が出来上がっていましたね。
プロフィールのイラスト
やっちさんがこんな感じなのかな?
イメージが広がりますね。
2006/01/30(月) 20:38:20 | URL | 夕 #SCw.9rt2[ 編集]
自画像
>夕さん
よくぞプロフのイラストの更新に気づいていただけました。
嫁さんが言うには「似ているんだけれど、目がもうチョット実物の方が細い!」だそうです。
自分では、かなり似ていると思うのですが。
このブログを書いているの誰?どんな人?という皆さんの中にあるであろう気持ちに応えてみました。v-221
2006/01/30(月) 20:59:45 | URL | やっち #-[ 編集]
こんちには。トラックバックありがとうございました。
私には亡くなられた人や実際の残された家族の気持ちはわかりません。
やっちさんも言葉に出来ないようないろいろなことがあったのだと思います。
ただ、ただ、もうこれ以上悲しむ人が増えないで欲しいそう願うばかりです。
うちの夫も複雑な家庭に育ち家庭の温かさをしりません。
が今はやっと生まれた息子を溺愛しています。
お互い頑張りましょう11
2006/01/31(火) 20:49:23 | URL | るびー♪ #-[ 編集]
いらっしゃいませ
>るびーさん、ようこそ!
いろいろありました。貴重な体験の中で学ぶコトがたくさんありました。
旦那様も苦労なさった方なんですか?胸中お察し申し上げます。
命はホントに尊いものです。

私も男の子2人いますが溺愛しておりますよ。
見えないゴールへ向かって...。
2006/01/31(火) 21:03:13 | URL | やっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spatan.blog24.fc2.com/tb.php/91-ebe7f597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「夜回り先生」水谷修、サンクチュアリ出版(2004/02)¥1,470(評価:★★★★★)●この本は、こうやって本を紹介してきて、本当によかったと思った一冊です。こうして紹介していなければ出会えなかったかもしれないから。
2006/03/07(火) 15:39:32 | 本のソムリエの今日の名言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。